上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WASTELAND
管理人:黒居よぞら様
【タイトル】でいとしみゅれいしょん
【ジャンル】恋愛ADV
【攻略人数】2人
【推定プレイ時間】5~10分程度

<ストーリー>
主人公は泣き虫の弱虫。
大好きなムラカミ君とデートすることになったって言うのに、
どうしたらいいのか分からない。
早速いつものように幼馴染のサクマに泣きつき、
一緒に妄想デートのシミュレーションをはじめることになる……。

~紹介ページより抜粋~
ds.jpg
今長編RPGをプレイ中なので合間にプレイさせて頂きました。
一周ほんっとに短いゲームなので選択技総当たりすればEDコンプは簡単です。
会話を読み進めて出てきた選択技でEDが分岐するADV?という量でもないADVになります。
作者様も謎の乙女ゲーと書いておりましたが確かにちょっと謎??かな。
攻略人数2人とありますがほとんどのEDは一人の子のものです。
ムラカミ君もカッコいいですが私はサクマ派^^
立ち絵は割と可愛らしいですが、スチルが立ち絵とちょっとイメージが違う感じがしました。
いろいろな兼ね合いで適当気味に作ったものらしいのでそこは、まあ確かに適当な空気が漂ってましたと言わざるを得ない^^;
主人公の妄想癖が一人で突っ走ったりと恋愛要素はあるけど半分コメディ感覚です。
短い分展開も早い。何というかランナーのような速さで恋が芽生えます。
ベタな展開ではありますがサクマの主人公への想いが所々口に出ちゃうのは可愛いですね^^
スポンサーサイト


青空の下で
管理人:猫まんま様
【タイトル】ROOM NO.404
【ジャンル】ホラーサウンドノベル
【推定プレイ時間】4~5時間程度

<ストーリー>
舞台を洋館から霧陰町に移して新たな惨劇が起こる

たくさんの選択肢や文字入力があり

グロテスクなシーンが含まれるスプラッター系探索ホラー

霧陰町で一体何が起こっているのか?真相を探れ!

~紹介ページより抜粋~
room.jpg
※このゲームは一部、グロテスクな表現が含まれます。苦手な方はご注意ください
いやー長かった!とにかくボリュームが凄かった!
さて、こちらは先日紹介したDANGERZONEの続編(2.5くらいとなってますが実際は3に当たると思います)です。
こちらの作品だけは前作2つと違って圧倒的なボリュームだったので暇な日に一気にプレイさせて頂きました。
プレイ時間はかなりBADENDやANOTHERENDを見てるのでちょっと多いくらいかと思います^^;
テキストの量も選択技もED数も豊富なのでたぶん一発でTRUEクリアは難しいかと思われます。
前作ではうーんと思っていたような部分も払拭する程この作品だけはずば抜けてよく練られたストーリーだと思いました。
前作の登場人物もキーパーソンとして登場しますが、この作品の主人公は雑誌記者とカメラマンの2人です。
謎の町に潜入取材をしに訪れてあれよあれよと恐ろしい実験に巻き込まれていってしまいます。
実写背景がまあよくここまで準備してあるってくらい気味の悪いものも多いし、特に実写のような死体が出てくるシーンは怖いというより気持ち悪い。私は割と平気な方なのでうわぁと思うくらいですが、苦手な人にはかなりグロテスクに映るかと思います。
先にも述べてる通り、選択技が本当にいろいろあるので一歩間違えばすぐアウト。ほんっとこまめにセーブはしておくべきです!やり直しはツライ;;
キーアイテムも結構な量あるのできちんと回収もしたいところ。だけどよく調べ回らないと気付かないものもあるので探索パートは念入りに。
全後編パートで分かれているのですが、後半は特にこれを手に入れておかないとTRUEに進めないというかーなーり重要なアイテムがあります。取ってなくてもストーリーは進むのですが、その変わりに別のEDになってしまうので要注意。
暗号解読や音声聞きとりもあったりします。聞き取りのものは普通に大丈夫でしたがちょっと聞きづらいのかな?
暗号解読は気づけば簡単ですが、ちょっと時代を感じるものだったりします^^
これだけ長いと飽きがきてしまいそうな感じがしなくもないですが、こちらの作品は本当にあら?あらら?と読み進めてるうちに次々と事件が襲いかかってくるので飽きません。
後半特にラストの方は1の人物達が出てきて後日譚的な話も聞けて綺麗に話も繋がっております。
他に出てきていない子達も凄く気になるので出来れば出して欲しかったなと。
EDも正に王道といえば王道なのですが、最後まで良い意味で気持ちの悪い終わり方なのでこれは更なる続編が見たいなと思ってしまいます。が、制作の予定はないようで残念です(´Д`)





ヴぁ部
管理人:take様
【タイトル】四次元の恋人
【ジャンル】ADV
【推定プレイ時間】15分程度

<ストーリー>
彼女の内面で起きた危機から、救い出すのが目的のゲームです。
選択肢の代りに、絵柄のついたカードを使用。
選ぶカードによって、物語の展開が変化していきます。

yojigen.jpg
※このゲームは一部、グロテスクな表現が含まれます。苦手な方はご注意ください
とても一言で言い表すのは難しいですが、良い意味でのダークなゲームでした。
とは言っても苦手な方は苦手な部類だとは思いますが……^^;
まず初っ端の画面からうわっ!というような不思議な化け物?が出てきたりします。
視覚的に怖いというよりは、精神的な怖さです。
かといってホラーとも違うような…。
時間的にはかなり短いもので、なんなく進めればほんと20分もかからないくらいで終わるかもしれません。
私はカード選択のミスで何回か違うEDを見ました。
戦闘などそういったものはなく、カードを集めて問われた事にそのカードをもって答えるというものです。
カードの種類は全部で7つ、使うとなくなったりとかそういった事はないので心配ありません。
何回もいろんなカードで答えれるものと、そうでないものがあります。
うっかり選択カードを間違えるとカードが全部集まってないうちにゲームオーバーになったりも。
単純に見えて複雑、作者様独特の世界観で描き出されたかなり個性の強い作品だと思います。
好き嫌いがハッキリ別れてしまいそうですが、ゆめにっきのようなタイプのゲームがお好きな人なら楽しめるかもしれませんね。
決して鬱エンドとか(ゲームオーバー時は暗いですが)ではないので、彼女の心が出した答えをしっかり見て頂ければなと。
あくまでコレは彼女の深層心理の問題ですが、誰にだって多かれ少なかれ隠したい自分や認めたくない自分が居たりするものだと思います。そんな心の内の葛藤がよく出ていたように見えます。
BGMも儚げな落ち着くもので良かったです。
短いぶんもうちょっと話を詳しく!ってなるかとは思いますがこれはこれで良いかと。
余談ですが作者様のサイトにも個性溢れる素敵なイラストが飾ってありますので、その世界の一端に触れてみる気持ちでプレイするとよりその世界観にハマってしまいます^^


いきあったりマッタリ-R
管理人:STING様
【タイトル】保安官ラプソディ2 ~大きな館のちょっとした事件
【ジャンル】推理ADV
【推定プレイ時間】2時間程度

<ストーリー>
テキトー保安官STANG(スタング)と奴隷助手BORNET(ボーネット)が帰ってきた!!

上司の命令を受け、指名手配中の催眠術師が捕えられているという館に向かうSTANG保安官。
しかし、館は催眠術にかけられた怪しい集団に包囲されてしまった。
そして館内で次々と発生する事件。果たして、侵入者「黒薔薇のトゲ」の正体は!?

hoan2.jpg
ドタバタコンビSTANGとBORNETが帰ってきた!
というわけで前回に続き保安官ラプソディの続編であります!
今回は前回よりも難易度が増しているように思います。いろんな仕掛けがあって頭を悩ませたりする部分もありますが前回に引き続き面白い!
真面目なとこは真面目、不真面目(な部分のが多いですがw)なとこはキッチリ不真面目!
ちょっとSTANGかっこいいじゃないwとか思ったりw
前回からの引き続きキャラも登場したり、今回から一緒に行動している新人保安官ちゃんも抜けてて可愛いです。
館の住人もほぼ全員変わった人で普通のキャラってなんだ??ってなっちゃいそう(笑)
ブレる事のない作者様のギャグに緊張感なく良い意味でSTANGと共にゆる~く推理させてもらいました。
また今回も占いシステム健在で、どうしても行き詰ったときの為のヒントは教えて頂けます。
でもできれば頑張って考えて考えてもうダメー!ってなった時に使ってほしいです。
あとはミニゲーム的な要素もあったりして、簡単だーと思ってた割にそこでつまづいてしまいました^^;
あとはゲームオーバーの回数が前より多くなってるのかな?
選択式の戦闘のところでよくゲームオーバーします。
あとはうっかり触ってはいけないもの触って(好奇心に負ける)ゲームオーバーなんて事も普通にあるので、直前からやり直せはしますが一応こまめなセーブはおススメしておきます。
是非また続きを作って欲しい作品です!




いきあたりマッタリ-R
管理人:STING様
【タイトル】保安官ラプソディ ~小さな島の小さな事件
【ジャンル】推理ADV
【推定プレイ時間】二時間程度

<ストーリー>
ある日、今まで平和そのものだった小さな島に、謎の事件が発生した。

スターライト・エンジェルと名乗る人物の手により、縁結びの神とされる木像をはじめとして
島内各地で次々と物が壊されていくのだ。そしてその側に残される7色の置き手紙。

果たしてスターライト・エンジェルの正体は誰なのか!? そしてその目的は!?

STANG(スタング)とBORNET(ボーネット)のいつものコンビが今度は保安官と助手に。
例の調子でドタバタと繰り広げる、なんちゃって推理系マルチエンディングアドベンチャーゲーム!!

~紹介ページより抜粋~
hoan.jpg
何だか面白そうだったのでDLさせて頂きました!
終始ギャグ、ギャグ、ギャグで大変笑わせてもらいましたww
紹介文見る限りそこまで深く考えなくてできるものかなと思ってたのですが、ちゃんと推理要素も考え込まれていて、且つ凄く難しいというわけではないのでサクっとプレイできちゃいます。
とにかく初っ端から飛ばしまくりのSTANGとBORNETのコンビが見ていて気持ち良い。
BORNETの不憫具合が凄いですがまたそこが面白さを引き立たせる要因にw
タンスや物やいろいろ調べるといちいち面白いセリフも見れるのでついついいらなさそうな物まで全部調べてしまいます。
島民との会話も楽しくてそうゆう事をしていると時間がだんだん経っちゃいますね^^;
あくまで↑のプレイ時間は自分のプレイしている時間が基準なので早い人はもっと早く終わる筈です。
推理は苦手だけどやってみたいという方にもおススメなのが、詰まった時の為の占い師のお姉さん!
推理シーンに入る前でもいろいろと丁寧なアドバイスをくれます。
しかし最後の失言探しはほんの少し手間取りました;
EDは全部で4種類あります。そのEDへの道のりもお姉さんが全部教えてくれちゃいますのでどうしてもコンプしたい方にも安全設計☆
そして所々にちりばめられた小ネタも見所!解らない人には解らないけど解る人には思わずプっとなるような仕様です。
コマンド選択式の戦闘シーンもほんの少しあるのですが、ゲームオーバーになっても直前からやり直せるシステムになっているのでセーブし忘れてもOKです。実に有り難い。
更には島に住む人たちのキャラの濃さ!主人公達も十分濃いんですが本当に皆強烈な個性です。
おかげでこれからVX製のデフォキャラで被るのを見たらこの人達しか思い浮かばないんじゃないか…というくらいで(笑)
島の名前も自分で決めれるのですが、そのままの名前(結構酷い名前w)にしてたら最後変な称号つけられてしまいましたww
推理部分も楽しめてお話自体も笑えるものでこれは続編も是非プレイさせて頂こうと思います~^^
ただ余分な会話が嫌いとかバカバカしいものが嫌いな方は避けた方がいいかも?
私にはとても合ってたと思います!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。