上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たぶんおそらくきっと
管理人:神波裕太様
【タイトル】四色さん
【ジャンル】ショートホラーサウンドノベル
【推定プレイ時間】10分程度

<ストーリー>
トイレの怪談は様々で、よくある話が「トイレの花子さん」
でも、私たちの学校にはトイレの花子さんなんていない。
いるのは、「四色さん」
四色さんは呼び出すと三つの色を聞いてくる。

「あかいろとあおいろときいろ、どれがいーい?」

答えはどれでもいい。
どれを答えても、昔流行った「怪人赤マント」や「赤い紙青い紙」みたいに殺されたりしないから。
けれど、絶対にどれかの色を答えないとだめ。
答えないと、黒に染められて殺される。

それが、私たちの学校に伝わる怪談。

~サイトより抜粋~
sisiki.jpg
プレイ時間一周が10分足らずのショートショートホラーです。
選択技式のサウンドノベルになります。
ENDは全部で4つ、全部クリア後おまけのギャグ編などが見れます。
こちらの配布者様はホラーサウンドノベルをいろいろ出されておりまして、知ってる人は「包丁さんのうわさ」でご存知かと。
四色さんもやはり作者様独特の雰囲気、というか色が出てるかなと思います。
相変わらず音がリアルですね~。
ただ正直怖さはそれ程なかったです(私基準ですが;)
有名な怪談を独自の視点で解釈した新怪談?と思って読んでみたら面白いかも。
自分が殺されてしまわない代わりに何が起こるのか?是非その目で確かめてみて下さい。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。