上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青空の下で
管理人:猫まんま様
【タイトル】ROOM NO.404
【ジャンル】ホラーサウンドノベル
【推定プレイ時間】4~5時間程度

<ストーリー>
舞台を洋館から霧陰町に移して新たな惨劇が起こる

たくさんの選択肢や文字入力があり

グロテスクなシーンが含まれるスプラッター系探索ホラー

霧陰町で一体何が起こっているのか?真相を探れ!

~紹介ページより抜粋~
room.jpg
※このゲームは一部、グロテスクな表現が含まれます。苦手な方はご注意ください
いやー長かった!とにかくボリュームが凄かった!
さて、こちらは先日紹介したDANGERZONEの続編(2.5くらいとなってますが実際は3に当たると思います)です。
こちらの作品だけは前作2つと違って圧倒的なボリュームだったので暇な日に一気にプレイさせて頂きました。
プレイ時間はかなりBADENDやANOTHERENDを見てるのでちょっと多いくらいかと思います^^;
テキストの量も選択技もED数も豊富なのでたぶん一発でTRUEクリアは難しいかと思われます。
前作ではうーんと思っていたような部分も払拭する程この作品だけはずば抜けてよく練られたストーリーだと思いました。
前作の登場人物もキーパーソンとして登場しますが、この作品の主人公は雑誌記者とカメラマンの2人です。
謎の町に潜入取材をしに訪れてあれよあれよと恐ろしい実験に巻き込まれていってしまいます。
実写背景がまあよくここまで準備してあるってくらい気味の悪いものも多いし、特に実写のような死体が出てくるシーンは怖いというより気持ち悪い。私は割と平気な方なのでうわぁと思うくらいですが、苦手な人にはかなりグロテスクに映るかと思います。
先にも述べてる通り、選択技が本当にいろいろあるので一歩間違えばすぐアウト。ほんっとこまめにセーブはしておくべきです!やり直しはツライ;;
キーアイテムも結構な量あるのできちんと回収もしたいところ。だけどよく調べ回らないと気付かないものもあるので探索パートは念入りに。
全後編パートで分かれているのですが、後半は特にこれを手に入れておかないとTRUEに進めないというかーなーり重要なアイテムがあります。取ってなくてもストーリーは進むのですが、その変わりに別のEDになってしまうので要注意。
暗号解読や音声聞きとりもあったりします。聞き取りのものは普通に大丈夫でしたがちょっと聞きづらいのかな?
暗号解読は気づけば簡単ですが、ちょっと時代を感じるものだったりします^^
これだけ長いと飽きがきてしまいそうな感じがしなくもないですが、こちらの作品は本当にあら?あらら?と読み進めてるうちに次々と事件が襲いかかってくるので飽きません。
後半特にラストの方は1の人物達が出てきて後日譚的な話も聞けて綺麗に話も繋がっております。
他に出てきていない子達も凄く気になるので出来れば出して欲しかったなと。
EDも正に王道といえば王道なのですが、最後まで良い意味で気持ちの悪い終わり方なのでこれは更なる続編が見たいなと思ってしまいます。が、制作の予定はないようで残念です(´Д`)



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。