上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たぶんおそらくきっと
製作者:神波裕太様
【タイトル】突き落とし幽霊
【ジャンル】ホラーショートノベル
【推定プレイ時間】5分

<ストーリー>
夕方、人がいなくなった校舎の階段をおりているときに振り向いてはいけない。
振り向いたら突き落とし幽霊に突き落とされる。

この平凡な学校の、かわった怪談「突き落とし幽霊」
単純なだけに、恐ろしい怪談。

to.png
ほぼ一本道、選択技は途中一つのみの分岐のかなり短いものです。
EDは2つ、本当にすぐ終わるので5分くらいでEDは2つともすぐ見れます。
途中からBGMが流れ出しますが不気味さは増すものの若干煩く感じました(イヤホンだったので余計ですかね)
EDはどちらも“あーそっちか”なのですが私は一人で~の方のEDの方が好きでした。
最近の…という台詞にもちょっと解らなくもないなあという思いが^^;
5分程度という短さながらその中に得体の知れない気持ち悪さも現実的な気持ち悪さというか恐ろしさも含まれていて楽しめました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。